札幌FASTBREAK

クラッシュオブクラン(クラクラ)札幌FASTBREAK公式サイト。札幌旅行はいかが?ラヴァで快適な空の旅をお届けします^^

◆TH9アップグレード優先順位!設備・ユニット別ランキング

 前回TH10のアップグレード優先順位ランキングに関する記事を書いたところクラメンに好評だったので今回はTH9になったらまず何からアップグレードしたら良いのか?について紹介したいと思います。

 TH9と言えばクラクラというゲームにおいて最もバランスが良く最も楽しめるタウンホール帯であると私は思っております。

 と言いますのも全壊難易度が本当に丁度いい感じなんです。

 TH9同士という条件付きですがカンスト級の全壊対策陣であれば配置に適した戦術で挑まなければ中々全壊が取れません。

 この陣は空軍向きだからラヴァルンルンが攻めやすい。この陣は狭いが対空砲の位置的にハイブリッド向き。この陣はオーソドックスにゴレホグが攻めやすい。

 そんな感じでクラメン各々が得意戦術を駆使して全員で戦う楽しを味わえるタウンホール帯がまさしくTH9にはあるんです。

 クラクラ歴が長い方なら解るかと思いますが昔のTH10は鬼畜と言っても過言ではないほど全壊難易度が高いタウンホール帯でした。

 カンスト級できっちり計算された全壊対策陣の場合、初見全壊はほぼ不可能と言えるほどの難易度の高さです。

 ですから多くを占めるであろう我々一般レベルのスキルしか持たないユーザーとしては資源を垂れ流しながらもTH9に留まるメンバーが多かったものです。(爆)

 尚、現在はインフェルノタワーの仕様変更、そして2018年度の突破兵器の登場によってTH10の全壊難易度が大きく低下したため、今までのTH9の丁度良い難易度に近い快適さがTH10でも味わえるようになりました。

 その為、TH8を卒業後は、かなり長期的にクラクラを思う存分楽しめる環境が整ってきたと個人的には思っております。

TH9に上げたてのあなた!これから最高に楽しいクラクラライフが待っていますのでお楽しみに♪(^^)

 あっ!盛り上げておいてあれですが一個言い忘れました。

 TH9は本当に楽しいのですが、実はクラクラゲーム中最大の修業とも言える作業が待っております。

 そう、ババキンとアチャクイのレベル上げです。どどーん!

 TH9ではババキンは10歳から30歳に、アチャクイは1歳から30歳に成長します。

 このタウンホール帯のババキンとアチャクイの急激な成長は第二次成長期どころの話ではありません。いやホントに(^^")

 しかも、青汁ならぬいかにも健康に悪そうな黒汁をこれでもかーってほど飲み干し、日常生活(クラン対戦)に支障をきたすほどよく眠ります。ね、呂布殿(笑)

 ですからTH9は半端なく楽しいが半端なく忍耐も必要。そんなタウンホール帯とイメージしておくとグッドです。

 という事で今回はTH9の施設・設備のアップグレード優先順位とユニットのアップグレード優先順位について見ていきましょう。

◆TH9の設備・施設のアップグレード優先順位

 まずは今回もTH9の設備・施設のアップグレード優先順位からです。

 個人的な見解も多少入ってますが、設備のアップグレードの優先順位に関してはどのタウンホール帯においてもそこまで大きな違いはないものです。

 尚、当サイトにおける優先順位の基準となる考え方として、クラン対戦に参加するという基本的概念があります。

 TH10の優先順位でも話しましたがファーミングメインであれば、資源狩りで全ユニットを消費しなくても村は問題なく育つため防衛設備の重要度が高くなってくるかと思います。

 しかし1枠まで絞って編成を組むクラン対戦ではやはりファーミング重視の場合と比較して優先順位は異なってきます。

 ですから、ここではクラン対戦メインで戦っているクランにおけるTH9の設備・施設のアップグレード優先順位とご理解願います^^

 では早速見ていきましょう!

【1位★アーチャークィーン】

 TH9アップグレード優先順位の栄えある第1位はじゃじゃん!

 TH9で初登場となるアーチャークィーンの解禁です。

 えー!!びっくりされましたでしょうか?

 アーチャークィーンは一応防衛設備に配置されているのでユニットではありますが、設備・施設のアップグレード優先順位に分類する事にしますのでご了承ください。

 前述したようにTH9ではアーチャークィーンが1歳から30歳に成長していきます。

 その為、TH9ではアーチャークィーンが長期間1つの大工小屋を独占する覚悟で成長を見守らなくてはいけません。

 TH9では最初から最後までヒーロー工事と向き合う事になり膨大な黒汁を消費します。どれぐらい必要になるかは過去に書いた記事を参照ください。
⇒アーチャークィーンの特殊能力・ステータス一覧(参照記事)

 呪文工場やクラン城を差し置いてあえて1位にしたのはその覚悟を最初に持つ為です。

 長くクラクラと関わっていると解りますが、ここを真剣に向き合わないとヒーローレベルが低い状態のまま防衛設備がカンストしてしまう事態に陥ります。←ここメモ(笑)

 ヒーローレベルは攻撃力、防衛力に直結するため高ければ高いほど有利です。

 ですからアチャクイだけでなくババキンのレベル上げの優先順位も同率1位と考えてもOK。

 自分はヒーローレベル低いまま全壊するのが趣味なんだよねー♪なんて意見もあるでしょう。

 別に否定はしませんが、覚えておくべきは全く同じ配置のカンスト陣でもヒーローレベルの低い村の場合、全壊難易度が圧倒的に下がる点です。

 カンスト陣は係数が高い訳ですからね。係数高いのに防衛弱いんです。ヒーローレベルはやはり頑張って上げた方が良いかと(^^"

 尚、クラン対戦に効果的に参戦させるためには最低でもアチャクイを5歳まで育て上げてロイヤルクロークの能力を早い段階で解禁させておきたいものです。

 ロイヤルクロークが解禁されるとTH9の主力戦術となり得るクイヒー系戦術が一応使い物になってきます。

 序盤はダクエリ研究費も少ない量で済む為、最低でもレベル5まではノンストップで上げるつもりで工事を続けて良いと思います。

【2位★呪文工場】

 では続いて2位の発表です。

 アップグレード優先順位2位は呪文工場です。

 一般的には呪文工場は文句無しで1位かもしれません(笑)

 呪文工場はTH9になった瞬間に「建物の本」を使って瞬時に完成させてOKってほど優先順位がやはり高いのです。

 TH8⇒TH9になると呪文枠が2枠アップします。

 この2枠はクラン対戦では本当にでかい!レイジやヒールを更に一つ多く持っていける。ヘイスト、フリーズなら2つ追加となります。

 クラン対戦におけるTH9全壊ではこの2枠プラスは絶対不可欠要素です。

 TH9の甘い陣であれば呪文残しで全壊出来ちゃうこともありますが、カンスト級全壊対策陣では中々そうはいきません。

 尚、TH8主力戦術となるゴレホグの場合、ヒール1個増えただけでTH9中盤までは全壊できるケースが多くあります。

 呪文枠が増えただけでTH8カンスト級なら驚くほど楽に全壊が量産できるためTH9序盤の下位埋めという役割を確実にこなすことができる点も魅力です。

 なんで呪文工場の優先順位はアチャクイに次ぐ第2位に位置付けて良いでしょう^^

【3位★クラン城】

 続いてアップグレード優先順位の3位はクラン城!

 クラン城をアップグレードすると資源の収容量が増加しますが何より大きなメリットは援軍枠が5枠追加されて30枠となる点です。

 25枠⇒30枠。たった5枠ではありますが、これはクラクラというゲームにおいて最大の分岐点と言えるかもしれません。

 30枠になればクランによっては「MAXゴレ」「MAXラヴァ」の援軍申請が可能となります。

 TH8までは援軍枠が25枠であるためゴレは援軍申請できませんからマックスでも自前の2歳ゴレしか使えません。

 その為、始めてMAXゴレを使うとあまりの固さにびっくりしておしっこちびる可能性があります。下品でスイマセン(^^"

 またTH9で解禁される初登場のラヴァハウンドも自前の1歳のラヴァハウンドと比較してMAXラヴァはあまりにサイズがデカく驚かれる事でしょう。

 TH9で安定して全壊をたたき出すには援軍で貰える高レベルユニットの使い方がポイントになります。

 ですからTH9では真っ先に援軍30枠を確保するべくクラン城をアップしておきたいものです。

 現実的には、呪文工場とクラン城の優先順位は同率2位と言ってもいいレベルです。

 尚、アチャクイ解禁は黒汁、呪文工場工事はエリクサー、クラン城はゴールドでアップグレードできるのでタウンホール工事が完了するまでに資源を満タンに貯めておき、タウンホール9になった瞬間に優先順位上位3つとも同時着工するのがベストです。

 という訳で優先順位は同率2位レベルではありますが、一応順位付けの為3位はクラン城で決まりです。

【4位★ラボor闇兵舎】

 続いてアップグレード優先順位の4位はラボor闇兵舎のアップグレードです。

 TH9ではラボで研究できるユニット数が一気に増大し、全ての研究を行う為にはかなりの期間を要するようになります。

 クラクラではラボ研究は1つずつしか行えませんからトータル的な時間がかかりますのでラボ工事は早めに着工しておきたいところです。

 TH9で初登場となるラヴァハウンドは闇兵舎を工事しなければ解禁されませんので空軍好きな方であればまず闇兵舎の工事が優先されてくると思います。

 陸軍メインの方であればホグ、ゴレ、ペッカ、のレベル上げは真っ先に取り組みたい項目ですから闇兵舎より先に既に解禁されているユニットのレベル上げを優先する為ラボ工事が優先されます。

 現在は魔法の本でドーピングが可能であるため、ラボ工事さえ終えておけばすぐにTh9MAXユニットを使えるようになる点もラボ工事を優先させたい理由の一つです。

 ラボと闇兵舎の優先順位は個人が取り組みたい戦術によってチョイスする形で良いかと思います。

 という訳で優先順位としては好みに合わせてラボと闇兵舎を同率4位に位置づけました。

【5位★キャンプ】

 さて続いてのアップグレード優先順位の5位はキャンプのアップグレードです。

 キャンプ工事を行うと1つのキャンプに付き5枠増加する為、編成枠が5×4=20枠追加となり、1位の呪文工場と2位のクラン城と合わせてTH9の戦力がしっかり整います。

 但し、TH9序盤はエリクサが枯渇する為、エリクサ確保が想像以上に大変です。

 大工も両ヒーローの工事を同時に並行して行う必要があるため序盤は人手不足と言う問題にも直面します。

 その為、エリクサの貯蔵量と大工の出勤状況を見定めてひとつずつキャンプを仕上げていくのが理想です。

 尚、TH9序盤では戦力が不十分ではありますがクラメンに状況を相談した上でクラン対戦に参戦する事をお勧めします。

 これはクラン対戦で得られる勝利報酬、中でもエリクサー報酬がかなり重要となってくる為です。

 クラクラでは日々のマルチで行われる★5つ報酬とクラン対戦の報酬はクラン城にストックされます。

 キャンプ工事はキャンプ一つに付き225万エリクサが必要です。

 これが4つある訳ですから大量のエリクサーを必要とするキャンプ工事費用をマルチ強奪と並行してクラン対戦報酬でも獲得する事で工事費用を捻出しやすくなります。

◆TH9のユニットのアップグレード優先順位

 引き続きTH9のユニットのアップグレード優先順位について見ていきましょう。

 TH9になれば、TH9全壊が取り合えずの目標になります。

 序盤は戦力も乏しく、ヒーロー片落ちやヒーロー無しで戦わなければいけない場面も多くありますが、一歩ずつ全壊できる戦力を整えていくことが大切です。

 空軍はラヴァハウンドの解禁とバルーンの研究で時間が結構取られる為、一般的に序盤は陸軍のアップグレード優先順位が高くなってくるかと思います。

 もちろん空軍好きと言う方はしばらくはドララ煮干しで凌げるため、最初からラヴァルンルン編成の強化で良いでしょう。

 尚、ここでは最優先⇒Sランク、優先順位高め⇒Aランク、優先順位そこそこ⇒Bランクと分類しております。

 では早速見ていきましょう!^^

【優先度Sランク★ホグ】

 TH8以降TH12まで全壊戦術の基本となるホグ系戦術。

 やはりホグの強化はTH9全壊までの最短距離と言わざる負えません。

 TH9の全壊戦術として上げられるゴレホグ、Gowipe裏ホグ、ホグラッシュは被初見では無双戦術であることに異論はないでしょう。

 クラン城工事が終われば援軍で高レベルゴレを貰えるため、ゴレ1のゴレホグなんかも早期段階で使えます。

 但し、ホグ系戦術は全壊が多いものの星1を叩き出しやすい戦術でもあり煮干し向きの戦術ではありません。

 陸軍主体の方はホグが育つまで初見はバルキリ系戦術やGowipeで煮干しと言う選択肢もあります。

 しかし、最終的にはやはりホグ系戦術が圧倒的に強いため文句無しに優先度Sランクに位置付けても良いでしょう。

【優先度Sランク★バルーン】

 TH9になるとバルーンは赤色から黒色に変わり、凶暴性が一気に増します。俗にいう黒バル、黒風船です。

 TH9序盤から配置によってはTH9中盤までは黒風船オンリーで全壊が可能なほど破壊力が半端ありません。

 またラヴァハウンドが解禁されるとラヴァル、ハイブリッド戦術が使用できるようになる為、これらの全壊戦術にもバルーンの強化は必須です。

 2018年以降TH9環境においては陸を完全に捨てる配置でもない限り熟練者のラヴァルを止める術はありません。(^^"

 ラヴァルはラヴァハウンドを解禁しバルーン強化する必要がありますが、逆に言えばこれだけで全壊戦術が手に入る為、優先順位はSランク級で間違いありません。

 クラン対戦メインのクランで空軍好きな方は、真っ先に研究すべきユニットであると言えるでしょう。

 尚、黒風船は資源狩りでもかなり重宝します。

 資源狩りと言えばジャイウィズ系をイメージする方が多いかと思いますが、黒風船の黒汁狩りは恐ろしいほど簡単で効率が良いのでお勧めです。

【優先度Sランク★ジャンプ】

 TH9で解禁されるジャンプの呪文はクラン対戦ではどのタウンホール帯においても常に必須級呪文となります。

 呪文レベル1で20秒、レベル2で40秒と効果持続時間が倍となる為、最優先でレベル上げしておきたい呪文であると言えます。

 レベルを上げる事で呪文の先撃ちも可能となり後続の矛ユニットがジャンプ効果切れに陥る確率が減り盾ユニットとのバランスが格段に向上します。

 その為、メイン部隊がスムーズに進行しやすい環境を整える上でもジャンプのレベル上げは早めに終えておきたいところです。

【優先度Sランク★ヒール】

 被初見では最強の全壊戦術とも言えるゴレホグではヒールは必須級の呪文です。

 TH9になると呪文枠も増加する為、ヒール呪文のレベルアップをすることで回復効果がプラスされたヒールを数多く携帯できるようになります。

 範囲攻撃に弱い、ホグやバルーンを間接的に守る上でもヒールのレベル上げは最重要課題のひとつであると言えます。

 またハイブリッド系戦術で相手ヒーローと援軍を同時処理する際のポイズン&ヒールはかなり重宝します。

 ヒールはTH12まで必須級の呪文となる為、頑張って上げぎってしまいましょう。

【優先度Aランク★ラヴァハウンド】

 空軍の主力ユニットであり、レベル2になることで更にその硬さは増しパピィの数も増加する点はやはり見逃せません。

 ラヴァルはラヴァハウンド1歳でも問題無く実践可能です。

 ラヴァはTH9で最後まで重宝するユニットですから優先順位はかなり高めで良いでしょう。

【優先度Aランク★ゴレ】

 ゴレは陸最強の盾ユニットですが、レベル4まで高くなるとその硬さは圧倒的に高くなり、ゴーレムの破裂後に生じるゴレマイトの固さもアップします。

 TH9、TH12を通して安定した全壊戦術となるゴレホグの主力としてゴレのレベルアップの優先度はやはり高いです。

 特にゴレホグ使いの方はホグのレベル上げが終わったら、ゴレを4歳まで一気に上げるのがお勧めです。

【優先度Aランク★ペッカ】

 ペッカは札幌ファストブレイクのクランシンボル。そして呂布殿が愛してやまないユニットですから外す訳にはいきません(笑)

 かなり昔から熱望されていたTH9でのペッカ4歳の解禁がとうとう実現したためTH9のGWIPE系戦術での全壊率が圧倒的に高くなっております。

 ペッカは攻撃対象が無差別である為、誘導が難しいユニットではあります。

 しかし、もし思い通り誘導できたならこれほど強烈な破壊者は他にいません。

 またペッカはユニットを出した時の音がかっこよい点も優先順位を高めている要素です。ってこれは冗談(笑)

【優先度Aランク★ヒーラー】

 TH9から本格的に使用が可能となるクイヒー戦術においてヒーラーの強化は不可欠です。

 このクイヒー戦術はクラン対戦だけでなくマルチの資源狩りでも非常に使いやすい戦術の代表格であると言えます。

 マルチの資源狩りでは、クィーンの誘導やクィーンとヒーラー双方にレイジがかかるポイント探しを練習する事も可能です。

 ヒーラー4歳までレベルが上がるとレイジのかかったヒーラーの回復力に最初はかなり驚くはずです。

 ヒーラーは1体14枠ユニットであり、更に3体~5体程度帯同させる事が多くなるユニットでもある為、これだけの枠を使う以上は高レベルのヒーラーを連れていきたいものです。

 その為、優先度はAランク、クイヒー最重視の方であればSランク扱いで良いかと思います。

【優先度Aランク★ベビドラ】

 TH9で初登場となるベビドラちゃんは恐ろしいほど使い勝手の良いユニットです。

 あなたのクランのクラン対戦の防衛援軍をちょっと覗いてみて下さい。おそらくべびちゃんの申請が多数あるはずです。

 ベビドラは単体では怒りモードに入りますので、かわいい顔してますが恐ろしい破壊力で周囲を焼き尽くしていきます。

 対戦ではサイドカットや、お掃除、アチャクイとのタイマンなど幅広い活躍が期待できます。

 また、かなり配置が限定されますがベビドラッシュはTH9全壊戦術のひとつでもあります。

【優先度Bランク★バーバリアン】

 バーバリアン単体で使用するシーンは殆どありません。

 しかしババキンの特殊能力であるアイアンフィストで召喚される子バーバリアンが異常なまでに強いです。

⇒バーバリアンキングの特殊能力・ステータス一覧(参照記事)

 召喚されるバーバリアンはラボ研究のレベルと同様のバーバリアンとなる為、バーバリアンを研究することでフィスト能力も間接的に上がります。

 スーサイド系戦術を行う方の場合はヒーローレベルと子バーバリアンの能力が大きく影響する為Aランク扱いでも良いでしょう。

【優先度Bランク★バルキリ】

 バルキリを主体とするナックル系戦術はTH9の中でも驚異的な全壊戦術のひとつです。

 クラン対戦ではナックルだらけなんて時代も一時あったほどです。

 以前はペッカ1体よりもバルキリ3体が有利と良く比較対象にあげられていましたが、TH9でペッカ4歳が解禁された現在ではあまり話にも出なくなってきております。

 また、ホグ&ヒールペアがあまりに有能すぎる為、同じ陸戦術のバルキリは中々主役となれない状態であると言えます。

 とは言え、まだまだ有能なユニットに変わりありません。

◆TH9ではヒーローをコツコツ上げるべし

 TH9におけるユニットの優先順位をここまで上げてきましたが、前にも言った通りユニットに関しては個人的な見解も多分に含まれている為ご参考程度にお願いします。

 ユニットの優先順位は最終的には自分の好きなユニットが1位であるべきです。

 使用頻度が多少低くても好きなら楽しめますからね。

 尚、TH9ではヒーローのレベル上げが大変ですが、TH9でヒーロー上げを頑張っておくと、この先に続くTH10、TH11、TH12で圧倒的に楽になります。

 TH9ではババキンが10レベル⇒30レベル、アチャクイが1レベル⇒30レベルで合わせて50レベルあげなくてはいけなくなります。

 しかし、30レベルまで上げておければTH10以降は、合わせて20レベルずつになるので本当に楽になるんですね。

 以上、これからTH9に上げる方の参考になれば幸いです!

 TH9は本当に楽しいタウンホール帯です。あなたの楽しいTH9ライフをお祈りします^^

◆MENU一覧